小田原市 水廻り リフォーム + オール電化 リフォーム その2 リフォームアウトレット カナデン | HOUSEラボ

TOP >  小田原市 水廻り リフォーム + オール電化 リフォーム その2 リフォームアウトレット カナデン

先日、ご紹介しました水廻りリフォームの続きで、給水・給湯管の配管をご紹介します。

こちらの物件は井戸水を使用しており、給湯器の設置場所より給水・給湯管を引き込み、バスルーム・洗面所・キッチンへと配管していきます。

既存の鉄管は年数も経過し、劣化や漏水の恐れがあり、作業の効率化を図るためにも架橋ポリエチレンを用いた施工になります。

まずは、既存の水道管を切断し、引き込み用に新たに配管を繫ぎます。

p11200381
p11201591

p11201671

外から引き込んだ管をメインの管とバスルーム用と分岐し、メインを洗面所へ送ります。

evernote-20120308-1000323

同じように洗面所用に分岐をしたら、メインの管をキッチンへと送ります。

p11200361

洗面所から来た管をキッチンと繫いで完成です。

p11200331

従来の鉄管と比べ、非常に取扱が楽になり、作業効率の向上を図ることができました。

鉄管では地中に埋めて配管するのが殆どで、劣化や漏水の見分けが困難でした。

また、地震などの揺れにより、固定されていた配管が破損する恐れもありましたが、架橋ポリエチレンになったことで、作業の効率化だけではなく、劣化や漏水・破損の早期発見が可能になりました。

次回はいよいよキッチンリフォームに移ります。ご期待ください。