オール電化について | HOUSEラボ

TOP >  オール電化について

オール電化について私の家を参考にお話します
 

■南足柄市 磯部

・築14年 ・在来木造住宅 ・スレート屋根 ・4人家族 ・キッチン:ガス ・お風呂:ガスオール電化にする前は

電気代が冬の高い2月で20,000円~少ない7月で14.000円 ・平均すると16.000円
 
・ガス代が冬の高い2月で12,000円~少ない9月で7.000円 ・平均すると10.000円 今まで平均26.000円だった光熱費がオール電化にすることで、

ガス代が0円となるので 月平均で10.000円節約!
1年間では 120.000円の節約です。
 

10年間では、120万円も節約できます。
ちなみにオール電化の導入費は79.8万円からです
『何年で元取れるか?』というと、私の自宅の場合、
単純に『6年7か月で元が取れる』という計算になります。
オール電化にするとIHとエコキュートの電気の使用料は増えます
 でも、次の理由で電気代は、ほとんど変わらないか、むしろ安くなります。
実際、家の場合は、電気代が安くなりました。
その理由は、①
東京電力との契約が『電化上手』契約というものになります。
今までは1KWあたり24円という単価で東電から電気を買っているのですが
『電化上手』契約になると・23:00~翌朝7:00までが9円       ←夜中は今までの1/3

・7:00~10:00と17:00~23:00が23円 ←朝・晩は今までよりちょっと安め
・10:00~17:00が28円(夏季は33円) ←日中が若干割高

 という3段階の金額で東電から電気を買うことになります。
夜間の一番安い電気を利用して、お湯を沸かします。理由②、特典があります。オール電化にすることにより毎月の電気代が値引きになります。
(例、20,000円の電気代ならば1.000円割引「年間12.000円」も割引になります)

ですので、オール電化にしたからと言っても、夜の時間帯が1/3(今まで24円が9円)になる。
実際には、昼間の高い電気代の時間に在宅していてもさほどビックリする金額にはなりません。
共働きで、昼間に留守がちな家だと、今までよりも安くなるケースも多いほどです。これがオール電化(エコキュート・IH)リフォームの経済的メリットです。